『チョコを食べた罪で自分自身を告訴!!』奴隷が作ったカカオは使わない! トニーズ・チョコの挑戦

子供から大人まで、誰もが大好きなチョコレート。そんなチョコレートの原料を生産するカカオ農園で児童が強制的に酷使されている、という苦い真実がある。
劣悪な労働状況の打開と子供の強制労働を排除するために生まれたチョコレート会社「Tony's Chocolonely」(トニーズ・チョコロンリー)が話題を呼んでいる。児童奴隷撲滅と、消費者啓蒙の突破口となるか。


続きは


チョコレートの甘い誘惑 | チョコっとした話

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。