「チョコビ」の商品価値は?

チョコビ「チョコビ」の商品価値は?

「クレヨンしんちゃん」の漫画に「チョコビ」というお菓子が出てくる。この漫画から生まれた、オリジナルのお菓子である。主人公のしんのすけは、何かとねだる時に「チョコビ」と叫ぶ。何度も何度も出てくる。


この「チョコビ」というお菓子は、漫画から飛び出して商品化されている。安い店ならば、99円ぐらいで、買うことが出来る。子供からねだられる親には、嬉しい価格帯である。

 店で並んでいるのを目にすると「あっチョコビだ! 」と思わず言ってしまう。食べたこともないのに親近感というか、不思議な満足感があるのだ。

 漫画の中でしか食べることが出来ない「あこがれ」の「チョコビ」が、自分自身に何かをもたらしているのだ。

 「チョコビ」の商品価値というのはどこにあるのだろうか? 味か? 値段か? 売れ行きか? それとも漫画との相乗効果か?


続きは


チョコレートの甘い誘惑 | Comment(0) | TrackBack(0) | チョコっとした話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。